2015年08月31日

メーターのデザイン

156_34938_800x600x75.jpg


844Deltaの美点の一つに特徴的なメーターパネルがあります。
回りをアルミ風のパネルに覆われたメーターケースはストラトス?とは言い過ぎでも、
まあ、インテグラーレからのモチーフなんでしょうか?なかなかスポーティです。

そして、文字盤は目盛りのデザインが凸凹型になっており、とてもモダン。
レーシーでは無いけれど、イタリアンデザインのお遊びを感じるところ。
この凸凹デザインはどこから来ているのでしょうね?
古いランチアにこの様な意匠のメーターがあったのでしょうか?

ランチアに限らず60年代頃は計器メーカーが製造している既製品的なものを装着していたケースも多いと思います。なのでスピードメーターやタコメーターと燃料計や油圧計用の小型のモノなど、サイズにも規格があったのかも知れません。イタリアではVegliaやJAEGER(イエーガー)がそのブランドで、文字盤のデザインもある程度共通性がありました。80年代以降、最近はMagneti MarelliやドイツのV.D.Oなどを採用しているクルマが多いです。そんな古いランチアのメーターデザインをいろいろ見ましたが、このDeltaの特徴的な凸凹デザインの源流を見つけることが出来ませんでした。もっと古い高級なランチアにあったのかも知れません?
それとも844の完全オリジナルなんでしょうかね?

ちなみに844Deltaの中で、一番スポーティなDelta S MOMO Designモデルには特別なメーターパネルが装着されています。こちらは黒ベースに黄色の文字。そうです、HF Integrale のメーターデザインをオマージュしています。 これもランチアの歴史を感じるお遊びです。





posted by acero at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

Summer Vacation

IMG_0656th_.jpg

enjoy summer vacation week.
posted by acero at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

805/B Nero Maguma

新しいクルマが来ると買い揃えておきたいのがタッチアップペイント。
Lancia用とは言ってもカラー番号がわかれば近所のFiat/Alfaディーラーでゲットできます。
今回も近所のディーラーでお取り寄せ。

Lanciaの805/B Nero Maguma はAlfaでは同じ番号でもNero Etona と呼ばれ、最近のジュリエッタ、ミトなどに使われている色です。

いつもながらfiatのタッチアップは飾って置きたくなる程のコスメの様なボトルデザインが素敵ですね。

image-9473a.jpg

posted by acero at 23:15| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

Meganeエンコの巻

昨日は久々にMeganeで出動。
171号線を西へ走行中「なんだか香ばしい匂いがするなぁ?」「ま、後でチェックしてみよう」と思いながら、走り続けていると、その匂いはドンドン激しくなり・・・それでも脳天気な僕はエアコンのスイッチを内気循環に切り替えてその場しのぎ・・・(何の解決にもなっていませんでした)

それから5分ほどすると、バックミラーに映る白い煙。一瞬「え!エンジンブロー?まさか」
その数秒後には、ボンネットの隙間から白煙がモクモク舞い上がり、同時にメーターパネルの警告灯(STOP)(バッテリーマーク)が点灯!
慌てて、クルマを左車線に寄せ、さらに渋滞の原因にならぬ様、次の路地に入ったことで停車。
恐る恐るエンジンルームを見ると・・・モクモクと白くて臭い煙がエンジンルームを包みます。幸い、発火はしていませんでした。
原因はオルタネーターが焼き付いて、それでも回転しようするベルトに熱がこもって煙が出たようです。
そしてベルトが熱で摩耗して切断されて警告灯が着いた模様。
そのまま走り続けていたら樹脂パーツに飛び火して炎上してたかも?
おそろしいですね。
その後、保険会社の提携レッカーを呼んで、無事ドック入りです。
でも炎天下のレッカー待ちは結構辛かったです。

IMG_0537th_.jpg
posted by acero at 09:05| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

Sunset after the rain

image.jpg

昨夜から降り続いた雨もようやく止んで、沈む夕日が綺麗。
posted by acero at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

仕上げはエンブレムで

image.jpg

うちのDeltaは後期のPlatino仕様なのでリアバッチとBピラーの”D"エンブレムが密かにゴールドになっていました。ゴージャスなのが苦手な僕的にはアウトです。
その昔、Alfa75の北米仕様「Milano」にはグレード別に、シルバー・ゴールド・プラチナ・そしてクワドリフォリオベルデとグレード別に四つ葉のクローバーの色を変えたエンブレムが素敵でしたが、それともちょっと違うような? そもそもPlatino(プラチナ)仕様なんだから「Gold」ってのがおかしい?
ま、Gold=高級ってことですね。

P1070439th_.jpg

内装やその他の装備が豪華なのはあっぱれなんですが、外装はsimpleな方が好みなので、早速イタリアからノーマルエンブレム三点セットを取り寄せました。
幸いにも"D"マークは色が違うだけでサイズは全く同じ、両面テープでくっついているので、取替は簡単です。貼付位置がずれない様に、まずは"D"の回りをえんぴつで縁取り、テグスをボディとエンブレムの間に滑り込ませてスライドさせればキレイに取れます。つぎに新しいエンブレムをえんぴつの縁に合わせて貼ると出来上がり。

これで、先日スワップしたブラックミラーと併せて、晴れてグレードダウン(笑)が完了!
「これでもか〜」な旦那仕様から理想的な「少し控えめ仕様」に変身完了です。
まあ、もっとシンプルにするなら「エンブレムレス」と言う選択もありなんですがね。

P1070442th_.jpg

P1070440th_.jpg
posted by acero at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

ミラーレンズ交換

先日のミラーカバースワップの際に、誤って破損してしまった右側のミラーレンズを交換しました。
Buzzyさん情報からYpsilon用レンズがDeltaと共通かも?と言う訳で、さっそく地元のクライスラーディーラーにパーツを手配戴きました。届いたYpsilon用ミラーはドンズバ、Deltaのそれと同じ形状でした。ところが、裏側の樹脂パーツの形状や熱線のコネクター位置がちょっと違うので取り付けが心配でしたが、クリップ形状は同じなので、気にせず本体にはめ込むと、できあがり。

image-b083f.jpg

画像ではiPhoneカメラの広角歪みで形状が同じに写ってませんが、レンズパーツの形状は同じでした。

少しだけ気になるところはクライスラーイプシロンは右ハンドルモデル、これに対しDeltaは左ハンドル。なのでミラーの反射角度が少し違うかもしれませんが、実際のところは正規品と比較してみないとわからない程度です。
image-911db.jpg

一番うれしいのはコスト面。今回、取り寄せしたクライスラーパーツの価格は¥2,900、ほぼ現地価格と同じです。これに対し、ランチアパーツを豊富に取り扱うガレイタにも在庫と価格を確認したのですが、Delta用で¥9,870也!いろいろ心配もありましたが、賢明なチョイスだったかな?
image-d7e29.jpg
posted by acero at 18:04| Comment(4) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

完成記念Photo

Deltaが納車されてから自分好みにアレンジしたいことがいろいろあり、週末毎にコチョコチョと手を入れて参りましたが、エクステリアに関してはほぼ完成したので、スナップ写真を撮りました。さて、どこがどう変わったか・・・ヲタクな世界の話です。

P1070471th_.jpg
posted by acero at 08:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ミラーカバーのスワップ

以前、blogでクロム仕上げのミラーカバーにちょっと馴染めず、でもゴージャスなオプションパーツだからと、「どなたかノーマルと交換しませんか?」的なセコイ投稿をしましたが、僅か1日で立候補頂いた心優しい844 オーナーがいらっしゃいました。実はこのオーナー(Buzzyさん)とは5月の和歌山petit offでも一度面識がありましたので話がトントン拍子に進み、本日、和歌山と大阪のほぼ中間の町でお会いし、その場でDIY交換作業をすることになりました。

IMG_0407th_.jpg

交換にはそれなりにコツが必要な様で、事前にイタ雑のDIYページの記事(http://www.italiazakka.co.jp/factory/yourself/chap_48/chap_48.html)を参考に予習し、実際にも自車で一度外してみました。まず、鏡側をポコンと外し(実はこれが一番難しい)、ミラー内側から5ヶ所のツメで刺さっているカバーを前方向に慎重に押し出します。ミラー本体とカバーはかなりタイトに設計されているので、なかなか簡単には外れません。樹脂パーツなので、無理な力を入れるとバキッとクラックが入りそうなので、慎重にかつダイナミックに進めなければいけないところが難しいところです。複数のツメを同時にスライドさせないといけないので一人では難しい作業です。

予習も済ませ、本日いよいよ本番。スワップに同意頂いたBuzzyさんと僕のDeltaを並べて「う〜んカッコイイ」って時間もほどほどに、早速作業に入りました。
イタ雑ページと実車での予習も完璧だったので、軽い気持ちで作業スタート!ところが、どうも左側に比べ右側のミラーはミラー内が覗ける(工具を差し込める)隙間が小さいことに気づきました。(予習したのは左側でした)
おまけに、これは個体差でしょうが、鏡の取付がしっかりしていて、なかなか外れません。少し力を入れすぎたところ・・・・「バキッ」とイヤな音。ドライバーのトルクが一点に掛かってしまったのでしょうか?鏡にクラックが入ってしまいました。ざ〜んね〜ん。
まあ、イタ雑のページにも「慎重にしないと鏡が割れる」との記述がありましたね。
気を取り直して、作業を進めて、後の3枚は鏡を破損することなく脱着成功。全てのカバーの交換が出来ました。

P1070451th_.jpg

そして、完成したスワップ後の2台がこちら。
シルバーメタ+つや消しBカラーのBuzzy号はクロムカバーでセンス良くグレードアップ!
クロムカバーが太陽の光に輝いてますねぇ。
ネロマグマのacero号は黒メタのカバーで精悍さが増した感じです。
Platinum仕様ですからクロムカバーも有りなのでしょうが、18インチのこのホイールはどちらかと言えばスポーティーな感じなので、ホイールデザインを優先すればミラーは黒の方が似合う気がします。
クロムミラーを優先したら、ホイールを交換しないといけない(笑)。
ミラーカバーの交換だけでこれだけイメージが変わることに驚きましたが、2台ともセンス良くイメージアップできましたね。

P1070453th_.jpg

作業の後は近くのCafeでランチ&クルマ談義。同時に破損してしまったミラーパーツの物色をはじめたのですが、そこでBuzzyさんが海外サイトを観覧中に見つけてくれました。844Delta と846Ypsilonのミラーは共通パーツの様です!交換用の鏡パーツが共通品番で出ています。その後、今度はYpsilonのミラー画像を見ると確かにDeltaのそれと同じ形です。な〜るほど、では敷居の高い?ガレイタに並行モノ844のパーツとして注文するより、巷のクライスラーディーラーでYpsilon用を購入する方が安価かも?となりました。
地元に戻り、早速クライスラーディーラーを訪問してYpsilon用ミラーパーツを注文しました。
さて、ちゃんとDeltaに合うパーツが届くかな?

続きは来週のお楽しみ。

IMG_0427th_.jpg
posted by acero at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

D : side view

IMG_0363th_.jpg
フロントオーバーハングが長く、伸びやかなラインが美しい。
ジガシサン。
posted by acero at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする