2015年10月18日

年に一度だけおフランスな週末

明日開催される国内最大のフランス車のお祭り、Frence Blue Meeting に参加するために長野県蓼科に来ています。
長年イタ車ばかり乗り継いで来たのですが、以前から気になっていたのがこれ。
メガーヌツーリングワゴンに乗り始めたのを機会に、同じくアルファ(ジュリアクーペと916GTV)を所有する傍ら普段の足にシトロエンC5ツアラーに乗る友人に誘って頂き、昨年初めて参加しました。
イタ車とおフランス、似て非なるこの関係はとても興味深く、個々のクルマはもちろん、オーナーさんのクルマとの付き合い方が明らかに違うと感じました。さて、明日はどんな発見があるかな?

蓼科の街が1日だけトリコロールに染まる風景は圧巻です。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

おまけ : フレンチではないツーリングクラブの魅力的なマシン達。
posted by acero at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

new official photo

新しく見つけたPhoto booth でのショット。
ほんまに美しすぎるクルマ。

P1070650th_.jpg



P1070654th_.jpg



P1070658th_.jpg
posted by acero at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックモーターのリフレッシュ

今日は、懸案のトノカバーロックモーターのリフレッシュです。
定期的に行っているDIY製作したギヤに交換し、
今回は新たに916の先輩、Hitoshiさんからアドバイス頂いた
ストッパーへのラバークッションの取り付けを実施。

このアイデアには脱帽でした。
モーターが回ったときの「ガチャ」っと言う金属音が無くなりました。
これは、かなり効果あるかも?

image.jpeg
posted by acero at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

Spiderのお決まりトラブル

IMG_1207th_.jpg

季節も良くなり週末はSpiderで出かける様にしています。
それでも日差しはまだまだ強いので昼間はクローズド+エアコンの時もあるけど、朝、夕、夜はいつもオープントップ。

所が、オープントップの電動開閉は10回に1回くらいの頻度でだだこねます。
複雑な油圧アクチュエーターで作動するシステム自体は意外と壊れないのですが、一連のトップ格納操作の中の最後のアクションであるトノカバーの開閉ロック用モーターが希に空回りしてしまいます。
この件は、このblogでも幾度となく取り上げましたが、問題はロック用モーターの樹脂製ギアが欠けてしまうから。
このギアはモーター側の金属製ギアと常時接しているので、峠道なんかでちょっとハードに走り込むと、振動に耐えきれず、樹脂側にクラックがはいります。この樹脂パーツはギアだけでのパーツ供給が無いので、交換するとなるとモーター一式のアッセン交換になります。

首都圏の某ショップが対策部品として金属製ギアを作成したと聞いていますが、僕はオリジナルから型をおこして、樹脂でDIY製作しました。でもその樹脂の強度がイマイチで、半年に1回くらい交換が必要。
昨日も空回りしたので、ギアの位置をずらして解決(と言うかその場凌ぎ)。
そろそろギアを交換しなければいけませんね。

IMG_1205th_.jpg
posted by acero at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

白と黄色のコンビネーション

IMG_1099th_.jpg


キセノン?でしたっけ。
ヘッドライトとLEDデイライトは最近のクルマらしい白く明るい光で安全快適なんですが、
何故か明るく無ければいけないはずのドライビングライトは
従来型のハロゲン球?薄黄色い光です。
これってどうなんでしょうか?
posted by acero at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

Loooong holiday start !!

連休スタート。
とりあえず洗車しました。

image.jpeg
posted by acero at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

雨続きだったので・・・

イタ車、ヨーロッパ車のお決まり。すぐに黒くなるフロントホイール。
放置しているとブレーキダストがホイールの熱で焼け付いて取れなくなるから、マメな洗車が必要ですね。

ついつい雨続きで放置していましたが、今日から漸く晴れそうなので、洗車しましょう。
このホイールの救いは洗車し易いこと。大きなブラシでゴシゴシ洗えます。

IMG_0828th_.jpg
posted by acero at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Event Season

IMG_0789th_.jpg

雨の日が続きましたが、漸く秋晴れになりそう。
イベントシーズン突入!さて、なにでどこに行こうか。



posted by acero at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

メーターのデザイン

156_34938_800x600x75.jpg


844Deltaの美点の一つに特徴的なメーターパネルがあります。
回りをアルミ風のパネルに覆われたメーターケースはストラトス?とは言い過ぎでも、
まあ、インテグラーレからのモチーフなんでしょうか?なかなかスポーティです。

そして、文字盤は目盛りのデザインが凸凹型になっており、とてもモダン。
レーシーでは無いけれど、イタリアンデザインのお遊びを感じるところ。
この凸凹デザインはどこから来ているのでしょうね?
古いランチアにこの様な意匠のメーターがあったのでしょうか?

ランチアに限らず60年代頃は計器メーカーが製造している既製品的なものを装着していたケースも多いと思います。なのでスピードメーターやタコメーターと燃料計や油圧計用の小型のモノなど、サイズにも規格があったのかも知れません。イタリアではVegliaやJAEGER(イエーガー)がそのブランドで、文字盤のデザインもある程度共通性がありました。80年代以降、最近はMagneti MarelliやドイツのV.D.Oなどを採用しているクルマが多いです。そんな古いランチアのメーターデザインをいろいろ見ましたが、このDeltaの特徴的な凸凹デザインの源流を見つけることが出来ませんでした。もっと古い高級なランチアにあったのかも知れません?
それとも844の完全オリジナルなんでしょうかね?

ちなみに844Deltaの中で、一番スポーティなDelta S MOMO Designモデルには特別なメーターパネルが装着されています。こちらは黒ベースに黄色の文字。そうです、HF Integrale のメーターデザインをオマージュしています。 これもランチアの歴史を感じるお遊びです。





posted by acero at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

Summer Vacation

IMG_0656th_.jpg

enjoy summer vacation week.
posted by acero at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする