2010年07月25日

OS3.1.3で本来のスピード

一ヶ月ほど前ですね、iPhone4の登場に併せてiPhone用のOSがiOS4にアップデートされました。
新しモノ好きの僕は初日にiOS4の使用を開始しましたが、これが使えるモノではありませんでした。
本来iOS4はiPhone4用に開発されたOSの様で、僕の3Gでは立ち上がっているのがやっとと言った様子。噂では3GSでは普通に動く様ですね。
それにiOS4最大の改良点でもあるマルチタスクも3Gでは使用不可、選べる壁紙を使用不可。使えるのはフォルダとメール画面の改良程度。
それより、デメリットの方が大きくて、入力を初め、カメラの起動やページの移動など、どれをとっても従来の1.5~2倍くらいの時間を要する。
もうメールなんて打てたもんじゃない。
iPhoneOSのアップグレードは一方通行が基本。つまりダウングレードは出来ないのがルール。でもこんなに使いにくいなら最初から「3G対応」なんて言わないでほしい。3Gにも取りあえずインストール可だけど、メリットは無し。

そこで、ネットサーフィンで解決策を探したところ、ダウングレードの方法を教えてくれるページがありました。
こちらのサイトの説明を忠実に進めて行くと>
まずiPhoneを初期化して、古いバージョンのOSをネット上からダウンロード(もちろんAppleサイトではない)次にRecBootと言うシェアウェアを用いて通常は認識出来ないはずの古いOSをituneに読み込ませる。これでダウングレード成功。
あとは、Mac上のiphoneアプリや住所録、画像、音楽データをバックアップから読み込めば、ほらサクサク動く3.1.3で復活です。

一時は諦めかけていたダウングレードが成功しました。
同じ悩みを持つ3Gユーザーも多いと思います。
是非お試し下さい。あくまで自己責任で。

os313.jpg

posted by acero at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

iPhone4 納品

6月末の発売日前後に予約を入れたiPhone4が漸く手許に届きました。
約4週間待ったことになりますね。凄い人気なんですね。

薄くてスマートなiPhone 4 と背中が丸くて、メッキリングがクラッシックなiPhone3G。どちらも魅力的なガジェットです。

オリジナルのプロテクターで変身したiPhone4とiPhone 3G



_MG_3263.jpg
posted by acero at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

いつ届く?iPhone4入荷連絡

iPhone用アクセサリーの開発に携わっています。
そんな訳でstaff内で2台のiphone4を発売日当日に予約したけど、1週間経過した今も入荷の気配なし。
やはり先行予約していなかったのが失敗!
ま、初期不良も多いこの手の製品だから、2nd.ロットくらいの方が安心かも知れませんね。
でも、早く手許に届いてくれなきゃ製品が作れない。

gosei2.jpg

posted by acero at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

iphone4G かもしれないプロトタイプ

いま、巷で話題のAppleのエンジニアがサンノゼのバーに忘れていった「iphone4G かもしれないプロトタイプ」。現物を入手した情報サイトのgizmodoでは画像はもちろんのこと、動画や、分解画像まで公開。製品開発メーカーとしては恐ろしい時代ですが、ユーザーとしては楽しい時代ですね。特長は裏面ボディがフラットで、側面もつや消しのアルミ製?となり、イメージはMacBookやiPadと共通のコンセプト。ボディサイズおよび画面サイズは従来品と同じですが、本体は若干薄くなっている様ですね。機能的には前面にもカメラが付き、つまりMacbook同様にiChatが出来る仕組み。おまけに従来モデルと同じ位置にある裏面カメラはようやく大型化され、おまけにフラッシュ搭載。
裏面ボディがプックリ膨らんだ既存iPhoneも他社品には無い魅力あるデザインでしたが、「かもしれないモデル」のCoolなデザインもなかなかいいかも?
逆に、心配はチャットなどが出来るビデオシステムを強化して、ボディが薄型になるとバッテリー容量はどうなのか?
アップルは以前からバッテリーの保ちについて「移動時はシガーコネクターで充電して貰えば大丈夫」なんてコメントしているけど、それってクルマ移動が中心のアメリカならいいけど「朝、家を出たら途中で充電できない日本人はどないすんねん?」て話しですよね。

Appleはこの落とし物についてGizmodoに対し正式な返却要求を出している(また、その文面を公開しちゃうからたいへん)と言うから、「かもしれないモデル」はやはり本物の先行プロトの様ですね。

500x_iphone4_01.jpeg




posted by acero at 08:45| Comment(3) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

快適Motorola S9

海外通販であやしいバルク品を入手して既に2週間。巷の噂では「偽物はバッテリーの品質が悪く、長時間使用出来ない」との情報を元に、使用開始日に満タン充電してから、バッテリーが果てるまで連続使用してみました。
使用開始が11/27からだから、今日まで2週間弱、通勤の往復にクルマで約1時間/day使用。その間2回ほどの電車通勤の日はipodも常時使用しました。もちろん毎日使用した訳ではないけれど、ほぼ日常的に使って14日以上持ったことになります。

今日は通勤途中にバッテリーがアウトになりましたが、専用充電器が無くても一般的なUSBのミニジャックのみで充電可能なのでパソコンに接続すれば1時間そこそこで充電完了。便利です。

これで高品質なリチウムポリマー電池搭載の本物のモトローラ製S9であることが確認できました。
やれやれ。

IMG_0073.jpg



posted by acero at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

Motorola S9 headset (偽物か?)

iphone付属の白いイヤホンが随分くたびれてきました。
たとえばグレーの滑り止めラバーがボロボロと剥がれ落ちてしまい、使用しない時にクルクルッとまとめてカバンに入れるからコードはグニャグニャ。また、最近、電車に乗るとみんなAppleの白いイヤホン付けてるから結構うんざりだったり。

そこで、調達したのが Motorola S9 Bluetoothヘッドセット。
ワイヤレスで音楽と電話通話が出来る製品。
もちろんモトローラならではのクオリティとデザインを有する人気モデル。
正規ルートで買うと1万円を優に越えるそれも楽天などの通販では並行物が7〜8千円。「もっと安く」と思い、僕は海外(アメリカ)通販経由で本体は$29.00、AIR送料込みで5000円くらいのを見つけたので買ってみた。
でも、中国製の模造品がかなり流通しているとの噂があったので、安過ぎた「これ」が果たして本物なのか?不安を残したまま商品到着を待つこと数日。


s9.jpg

続きを読む
posted by acero at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

iphone FMトランスミッターが壊れた。

以前、こちらのblogでも紹介したバッファローコクヨ製のiphone対応FMトランスミッター。その後のレポートはさぼっていましたが、ほとんど雑音を拾わない優れた性能と、たいへん安価であることから、これはかなり当たりの商品でした。

ipodでの音楽再生もさることながら、このトランスミッターに接続することでバッテリー大食いのiphoneに充電ができる事と、着信時には音楽がフェードアウトされ、着信音がスピーカーから流れて来るのでサンルーフ開けて音楽を楽しんでいても電話を取り損ねることが無いというメリットがあります。

ところが、数日前から全く作動しなく成っちゃいました。この半年間、ほぼ毎日使用してきたのですが、さすがに半年とは少し悲しいですよね?
もしかして保証期間内?と思い、慌てて保証書を探しているのですが、未だ見つかっていません。とほほ・・・・。

やはり安物は寿命もそれなりなのかなぁ。

もしも買換なら・・・さて今度はどれにするかなぁ。


31kgYRQIpbL._SL500_AA280_.jpg


posted by acero at 03:30| Comment(7) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

iPhone OS3.0

いよいよiPhone3Gの"S"が発売されますね。
と言うことは我がiPhoneも旧型になっちゃうのねぇ。
と悲しんだのもつかの間。
救いは"S"の登場に併せる様に用意されたOSのメジャーアップグレード。iPhone OS3.0。
この内容を見れば従来の携帯電話の様に大枚叩いて新機種に乗り換えるより、愛着ある既存モデルの中身をリフレッシュできると言うのはいい話です。まあ"S"自体がそんなに大きく変わっていなかったこともあるんですがね。

既に多くのサイトで紹介されている新機能についての詳しい説明はこちらでは省略しますが、確かにコピペやスポットライトは便利かも知れません。

それよりも、以前から「結構不便だ〜」と感じていた通話履歴が「着信なのか、発信なのか解りづらかった問題」が今回解決された。
これは携帯電話としての機能が向上した訳で素直に毎日助かると思います。

益々便利なiPhoneでした。
promo_iphone_os3_image20090609.png
posted by acero at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ホイヤーの携帯 MERIDIIST

これはなんでしょか?
ホイヤーの携帯電話だそうです。

携帯電話と言えばiphoneで一段落中なんだけど、
自分好みのブランドを被った端末がでるとなると、気になるなぁ。


phone.jpg
TAG Heuer MERIDIIST

posted by acero at 08:16| Comment(2) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

iphone車載キットを選ぶ。

iPhoneを車内で充電しながらipodとして利用できるアイテムをblogなどでいろいろ探してみた所、コストパフォーマンスと性能のバランスが良いのはどうもバッファローのBSFM02シリーズという事になりました。なんでも実売価格4000円以下でトランスミッターながら有線CDに迫る音質とのこと。

でも、問題点もある。
この製品の特徴でもあるオートスキャン機能だが、ボタン一つで最適な周波数にスキャンされ、その結果をipodの画面に表示する。これによりチューナーの周波数をそれに合わせることができるらしい。

ところがiphoneやipod touchではオートスキャンが選んだ周波数を画面表示しない出来らしい。

そうなるとオートスキャンは「宝の持ち腐れ?」

せっかくスキャンしても、周波数が確認出来ないなら、結局はチューナー側からもスキャンしなければならない訳で、それって結構めんどくさそう。

そこで、オートスキャンモデルと同じ性能ながら更に実売価格で丁度1000円安価な「スイッチ式」(BSFM03シリーズ:ヨドバシ実売2980円)を選ぶ事にした。こちらは予め4つの周波数がチョイスされていて、いずれかに合わせて使うと言うタイプ。これならチューナー側の設定もeasy。

早速、会社帰りにヨドバシ梅田に寄って、このスイッチ式をget。早速使ってみた。

確かに各blogでのレビューでも絶賛されている通りノイズなしのバツグンの音質と操作感。
初めてこれを接続した時、いきなりカーステレオから音楽が流れたので思わず「FM放送と設定周波数がかぶっているのか?」と思ったほど。
幸い、普段行動している大阪市内北部では4つの周波数はどれもクリアに受信でき、干渉するラジオ局もなさそう。

実は最近まで使っていた古いipod用のitripは「とりあえず鳴ります」程度のノイズ混じりの酷い音質だっただけにこれは技術の進歩を実感しました。

もちろん充電もでき、GPSやハンズフリー電話としても利用可能。

そして、もう一つだけプチ不都合が発覚。
トランスミッター本体(兼dockコネクター)は写真の通り、横幅が結構あるのでiphone底面のスピーカーとマイク部分をトランスミッター本体が塞いでしまうのでした。
もちろん「ピッチリ」ひっついている訳ではないので、実際には通話にそれほど問題はないんだけど、そこはDIY魂から、ついつい加工を検討中。
さあ、どうなる事やら。


31kgYRQIpbL._SL500_AA280_.jpg
posted by acero at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする