2017年02月12日

スピーカー交換

コアのスポンジが劣化してボリュームを上げると音割れしてしまうフロントスピーカーの交換を随分以前から模索していましたが、楕円形タイプで、おまけに既製品より少し小さい為、なかなか簡単にフィットする楕円スピーカーが見つかりません。
所詮はオープンカーですから、ハイクオリティな音質云々よりも、オープン時にもハッキリ聞こえる音量と、何より見た目が大事。
そこで、先輩916オーナーさんの例を参考に純正楕円形とほぼ同寸直径の丸型(13cm)を加工して、取付けることにしました。
本来、楕円形がフィットする内装に丸型を付けるにはスペーサーを製作しなくてはいけませんが、面倒なので純正スピーカーのフロントカバー(樹脂製)の真ん中をくり抜いて丸型スピーカーをビス留め。アルファの黄色いコネクターは分解してスピーカー端子に直結。本格派のみなさんからは「隙間あいてるやん?あかんやん!」とご意見が聞こえて来そうですが、先ずはちゃんと鳴れば合格。もちろん純正グリルもバッチリフィット!構想数年、作業時間30分の幸せ。

IMG_5106.JPG
IMG_5107-d180a.JPG
posted by acero at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446930700
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック