2016年05月07日

Ti wheel装着

以前からスパイダーのホイールリフレッシュを企んでいましたが、値段も含めて、なかなかお気に入りのホイールが見つから無かったのですが、漸くコストパフォーマンスが高い気になるホイールが出て来たので、いつも通りヤフオクで落札して手に入れました。

IMG_2705th_.jpg

今回のホイールは147/156に設定されていたスポーティーバージョンの”Ti"シリーズ専用モデルです。
実はこのデザイン、本国では後期の916スパイダー(セリエスペチァーレ)にも設定されていたのですが日本では916モデルへの設定は無かったので新鮮です。実際にTiのロゴマークが刻印されています。
デザインがスパイダー純正の各ホイールよりも一世代?新しめの為、クルマがとてもモダンに見えます。
おまけにまだまだ使えるBSタイヤつきで、そのまま使えたので更にコスパ高し!

IMG_2706 - バージョン 2th_.jpg

本国仕様に設定があったので、ポン付けできるのかと思いきや!実際にはオフセットの違いとホイールのハブ分の厚みの違いで、そのまま取り付けると約10mm程内側に入ってしまい、おまけにボルト長の変更も必要になります。そこで、10mmのスペーサーを挟むことでオフセットも丁度よくなり、ボルトも交換せずにフィットしました。

IMG_2703th_.jpg

16inch 6.5Jのノーマルから17inch 7Jにインチアップでホイールハウスの隙間も少なくなってとてもいい感じです。コストも含めて大満足のリフレッシュでした。

*後のリサーチで判明したのですが、156/147用とspider用は実は類似のデザインですが、オフセットを含め全く別のホイールだったようです。どおりでポン付け出来ない訳です。
posted by acero at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | alfaromeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437629276
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック