2016年01月12日

Petit Sprtiva

このエンゲルマンミラーは当時BMW M1のプロカー(F1の前座に行われていたワンメイクレース)に装着されていたことで、80年代のヨーロッパで定番のスポーツミラーとして有名です。
基本デザインはビタローニのセブリングミラーと同じですが、現代のクルマのサイズに併せて少し大きく成っていて、ドアの垂直面に取り付けられる様、独立した台座が付いていることが特長です。
僕はVWコラードに乗っていた頃に、あのでっかい「まんじゅう」の様なミラーが嫌で、このミラーに交換していました。その後も116ジュリエッタ、75とクルマを乗り換える毎にこのミラーを移植してきましたが、その後はこれが合うクルマに乗れず、永年ガレージで眠っていました。
916スパイダーでもやはりスタイリッシュなボディーデザインには不釣り合いな無骨なミラーがあまり気に入らず、今回の交換となりました。
取付はボディには穴あけなど大きな加工無く、ミラー側の台座に新しい穴を一つ空けるだけで、純正ミラーの取付穴を利用してあっさり完了。

モダンな916のボディーデザインとクラッシックなエンゲルマンミラーの組み合わせは…紙一重ですね。
916にはビタローニのターボミラーも似合うかも?

スパイダーがまた少しスポーティ&クラッシックになりました。

image.jpeg

image.jpeg
posted by acero at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜!こんなにうまくポン付けできるんですか!
Posted by シブネロ at 2016年01月19日 20:26
意外と簡単に付きましたよ。
但し、ご存知の通り、ゴム製台座の形状が純正ミラーの内側まで張り出しているので少し不細工なのですが、ここは流石に触れませんでした。
Posted by acero at 2016年01月19日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432441321
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック