2012年05月24日

Alfa spider by 広島

ランチアがクライスラーベースになって愕然としたのは記憶に新しいところですが、
そんな共同開発、合理化の波はとうとう我らが本丸、アルファロメオにも押し寄せてました。

次期アルファのスポーツカーはFRになるらしい!>いいジャン!
と思ったのもつかの間、そのスポーツカーの開発はマツダ。
つまりは次期MX-5(ロードスター)をベースにアルファスパイダーが作られると言うこと。

MX-5は確かに今やコンパクトオープンスポーツカーのベンチマーク。
初代モデルはコンパクトな1.6エンジンにAピラーの立った60'sな出で立ちで登場が待ち遠しかった。
現行モデルはキープコンセプトながら高級感も増し、数少ない所有欲をそそる国産車。

でもでも、共通メカニズムでアルファが作られるとなると、これは大問題だ。

*画像は初代ユーノスロードスターのスペシャルバージョンM2 1008
まるでアルファロメオTZを彷彿させるコーダトロンカデザインだった。

ソース

MiataM21008.jpeg

AR-hiroshima.jpg
posted by acero at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | alfaromeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック