2011年10月07日

R.I.P. Steve

普段、親族や知人は別ですが、著名人や芸能人の訃報に「しんみり」することは滅多にありませんが、昨日、移動中の新幹線内で知った彼の死には感じるものがありました。
いままで、彼のスピーチの内容うんぬんは経済誌などでちらっと目にする程度で、それほどのインパクトを感じたことはありませんがApple社の送り出す製品とそのコンセプトを通じ、自分もやはり彼(の製品)に強く影響を受けている一人なのだと改めて実感しました。

本来、コストと性能の追求を重視すべき、しょせん事務機器(えんぴつや計算機の様なもの)の選択に於いて、ユーザーが製品デザインコンセプトやブランドイメージに共感し、高価でもリンゴマーク付きを選んでしまうそれには、脱帽です。

彼の訃報直前に発表された期待の新製品"iPhone4S"は、市場が登場を予測していたiPhone5では無かったわけですが、
それはApple社員から彼へのメッセージ "Phone for Steve" = phone4S だと言う噂も飛び交っています。
それが仮に後付けのゴシップであっても、やはり「信者」は4Sが必須アイテム?

アップルのwebsiteには「Remembering Steve」というページがアップされました。
もちろん、いつもの製品発表と同じように、スタイリッシュなページを、世界各国の言語で同時アップ。
Remembering Steve

僕のiPhoneには大事に保管してあった純正の古い6色リンゴマークステッカーを貼りました。
少しサイズが違うのがご愛敬ですが・・・・R.I.P. Steve

P1030005.jpg



posted by acero at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391555964
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック