2012年08月24日

今日のイタ車:FIAT CUBO multiJet

今日、初めてFIATのコマーシャルバンCUBOに遭遇しました。
日本未導入モデルです。

丁度「FIAT版カングー」と言うと分かり易いサイズのミニバンです。
でも、ビックリしたのはCUBOはなんと3ナンバー!
自分が想像していたのはもう少し小さな「パンダワゴン的?」な車格でしたが、
実際にはどっしりワイドなヨーロッパサイズ・短い全長とワイドトレッド。
このディメンションはムルティを一回り小さくした様な感じですね。
調べて見ると全幅は1,735mm。ムルティやニューカングーよりはスリム。
パンダよりはワイドで、丁度いいサイズですね。ちなみに全長は4m未満です。

外見はクォーターウインドゥが切れ上がったモダンなデザインですが、
なんだかモビリオみたいなリアゲートやLIFEの様な顔で、ちょっとホンダチックではあります。

パワートレインはイプシロンでも好評のディーゼルターボも選べる。
いいねぇ。

こっちはムルティからジロジロと興味津々だったので、
CUBOのオーナーはさぞ、鼻が高かったでしょうね?

全国のムルティオーナーの深〜い悩みは乗換に適したクルマが見つからないと言うもの。
これはムルティの後釜候補に入る数少ないモデルですよ!

ちなみにCUBOとはイタリア語でCUBE、それなら日産の方が四角くてキューブだね。

IMG_0623.jpg
posted by acero at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のイタ車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

未塗装樹脂バンパーにあこがれる・・・

我が家のムルティプラは2004/5年の正規輸入のモデル。年式なのか、はたまた最上級グレードだからか?外装はアルミホイールにカラードバンパーが奢られているんだけど、ムルティプラの場合、2001年頃の未塗装バンパーモデルの方が締まって見えてカッコ良い。僅かに輸入された並行モノの左ハンドル車の多くはこの黒バンパーモデル。うらやまし〜。

以前から「どうしたらこの黒バンパーに出来るのか?」といろいろ考えているのだけれど、未塗装のシボのある素材感だけは塗装ではなかなか思うようなイメージにならない。そうなると、例えばサンドブラスト処理をすれば上手に塗装だけが剥離され・・・・もしくは溶剤系の剥離剤でべろ〜ん?
それとも、メーカーにパーツを発注したら黒いのが来るのかな?それはコストが掛かり過ぎるしね。

パソコンでもそうですが、アップグレードよりもダウングレードが難しくて、悩ましい問題なんです。

_MG_3696.JPG
posted by acero at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | Multipla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

アンダーカバー撤去(暫定)

以前から舗装が凸凹な道で偶に「ガリ」っとイヤな音を放っていたアンダーカバー。
空力に配慮したスポーツカーならではの装備なんだけど、FRPのそれは何度かのヒットや経年変化でだんだん垂れ下がり、
ついには最低地上高が50mmくらいになっていました。
これは「いよいよ直さなければ」と言うわけで、取りあえず取り外してみました。

取り外したアンダーカバーは合計6箇所をナットで止めてあるのですが、既に3箇所の穴が大きく割れてナットが機能していません。オマケに本体も数カ所にクラックが入り、結果、垂れ下がっているのですね。

アンダーカバーなしならオイル交換時のフィルター&ドレンへのアクセスも容易だなぁ、と・・・。

Evernote Camera Roll 20120819 184621.jpg

Evernote Camera Roll 20120819 184626.jpeg


posted by acero at 19:28| Comment(6) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする