2012年03月31日

ルールが変わったのか?事故処理方法の効率化

いつも通り少し渋滞している新御堂筋(信号の無い高架道路型国道)を北上していると、急に流れが止まり停滞となった。VICSを見てもまだ渋滞表示は出ていない。そんな予期せぬ停滞の理由はたいがい前方での接触事故が原因。案の定、数分間「stop & go」が続いた後、後ろからパトカーのサイレンが鳴った。「やっぱり事故だ」。

ところが、いつもと違ったのはその後。数百メートル走っても事故現場が現れない。気が付くと渋滞は解消され流れもスムーズになり、次の出口を出た直後の側道に赤灯を回したパトカーと事故車と思われる2台が停車していた。

今回の様な出口の無い高架道路内での事故では、事故現場で現場検証等を行う事は他の交通の妨げになることは明らか。
でも、道路交通法並びに、警察の事故処理方法は、事故内容の如何に関わらず、基本的に事故現場での処理を優先して来た。
特に都会の幹線道路でそれを行う事は交通渋滞発生にもつながり、更には事故再発の原因にも成りかねない。
人身事故を含む重大な事故で無い限り、先ずはその場を去り、他の交通の妨げとならない安全な場所で当事者同士が事故処理を行うことが好ましいと以前から思っていました。
今回のケースはパトカーが現場に到着した時点で事故内容が軽微であることを確認して本線からの離脱を指示したのか、はたまたパトカー到着前に当事者同士が現場を離れたのかは定かでは無いが、いずれにしても適切な判断だと思う。

法律を守ることも大切ですが、その場の空気を読む、適切な対応を期待します。
また、今回の処置がパトカーの判断だとすれば、ルールが変わったのか?それとも空気の読める警察官だったのか・・・。

P1030107.jpg
posted by acero at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

Lancia Deltaが急接近。

今日、自宅へ帰る途中の幹線道路でDeltaに遭遇。サイドミラーに映ったボディ側面のラインは何か見覚えのある形。一瞬「アルファ?」と思いつつなんだか違うことに気づいた。よーく見るとアルファでもフィアットでもないランチア。既に日が落ちていたので正確には確認出来なかったけど多分ブラックだったと思う。

実は昨日も近所でシルバーのDeltaを発見。こちらは最近まで141Pandaが入っていたガレージに鎮座していたので、Pandaから乗り換えた様子。

2日連続で稀少な、そして自身が今もっとも気になっているクルマに遭遇するとなんだか盛り上がってしまう。
自分なら何色かな?とかディーゼルってどんかな?オートマで良いのかな?なんて・・・。

それにしてもDeltaの情報となると実車同様に、ネット上でも大変マイナーですね。
検索かけてもほとんどがインテグラーレ。珠に現行モデルの記事かと思えばクライスラーとの提携関係などなど・・・・。
blogを開設しているオーナーなんて皆無なのかも?

いつかDeltaのオーナーになれるかな?

2009-lancia-delta-28_1600x0w.jpeg


posted by acero at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | Lancia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

Just fit ?

ヤフオクで入手したギブリを装着しました。
先日まで装着していたコブラ2からのつけ替えです。

コブラ2と並べて比べてみてもフレーム裏には同じV36の刻印があるので、
36パイな筈ですが、外径はギブリの方が一回り小さい感じ。
そして、コブラ2はハンドル断面が真円にリブ付なのに対し、ギブリはベローチェなどと同じ楕円形断面にコブが付いています。
微妙な違いですが、見た目はコブラ2のハンドルの方がシンプルで好きです。

逆にセンターパッドの形状はシンプルデザイン+ホーンボタン付のギブリがかっこいい。
設計年代から推測するとギブリの方が少し古く、コブラ2はその後の世代。
ところが、スパイダーに装着してみると・・・なんだかクラッシックなギブリの方が似合ってる様子。
コブラ2よりはフィットしてるかな・・・・?
好みの問題でしょう。

momo.jpg
posted by acero at 15:41| Comment(3) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

愛しのジュリエッタちゃん

ぼちぼち街でジュリエッタを見かける機会が増えてきました。
147系統のフォルムは一回り大きくなったボディがグラマラス。
かなり精悍な顔とゴージャスなお尻は高級感がありますね。

新ジュリエッタの登場で「名車」オリジナルジュリエッタが注目される機会も多い分けですが・・・
僕にとっては、やはり少年時代に憧れた当時のヌーボジュリエッタ tipo116が「愛しのジュリエッタ」ですね。
もう一度乗りたい車の一台です。

02690092-photo-alfa-romeo-giuletta-site-officiel.jpeg

alfa-romeo-giuletta-20-originalzustand-10-0kzo2000-oagd_m.jpeg
posted by acero at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | alfaromeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする