2011年10月30日

Nikon 1 レンズ交換式ミラーレス一眼とは。

数年前から各メーカーより登場している「レンズ交換式のミラーレス一眼」の新型が老舗Nikonからも発売されました。

Nikon 1と言うその名称が、
なんだか、ただならぬ気合いを感じるのは気のせいでしょうか?

「レンズ交換式のミラーレス一眼」カメラは従来の一眼レフの様にレンズを選べて、でも普段のお出かけにも邪魔にならないコンパクトサイズでオシャレなカメラ。物理的に稼働するミラーを排除し、コンパクトカメラ同様のCMOSセンサーで画像を取り込む為、ボディを小さくできるメリットがあります。オリンパスPEN、Lumix GFなどマイクロ4/3規格が牽引した小さな一眼レフシリーズで、そんなコンセプトが女性ユーザーの心を掴んだ様子?実際売れている機種も白をメインにカラフルなボディを用意して女子向けにアピールしています。(問題はボディとレンズの色がチグハグになるところでもあります)

その後はマイクロ4/3規格とは関係ないSONYもNEXシリーズを発売し、アダプターでαシリーズ交換レンズを付けられる様にしました。
今回登場のNikonはやはりアダプターを介すことで数あるNikkolレンズの装着可能にしている点はNikonDカメラユーザーには気になるところ。僕もCanonのEFレンズを何本か持っているのですが、Canonはこのレンズ交換式コンパクトカメラをまだ出していませんね。登場したら買ってしまいそうです。

そんなレンズ交換の楽しみをコンパクトでスタイリッシュなコンデジサイズで一つにしたのが「レンズ交換式コンパクトカメラ」です。
だからといってNikon 1を買ってレンズを5本も買う人もそんなにいないと思います。せいぜい3本でしょ?そうなれば専用マウントだけで対応できちゃう?

悪く言えば中途半端などっちも付かずなモデルになっちゃうから立ち位置が難しいですね。選ぶのはユーザーが自分のカメラスタイルを理解しなければいけません。

Nikon 1シリーズはニコンのクセにデザインがオサレです。
なんだか、ペンタックスの様?
まだ、実機を見ていないので早とちりは禁物ですが・・・・。
(この前のFUJIは半年前から発売を楽しみにしていて、現物見てガックリでした)
今までのニコンのコンパクト機はCoolPixと言うブランド名もイマイチですが、
デザインがイモ臭くて気に入りませんでしたが、今回のNikon 1シリーズはなかなか良いですね。

ベーシックタイプのJ1とハイエンドのV1、違いは電子ビューファインダーだけですか?
折角ならもう少し差を付けて欲しかったですね。これなら後付けビューファインダーでいいんじゃないの?
僕ならデザイン優先でJ1かな。

と、いろいろ書きましたが、レンズ交換式がブームであることは間違えないですね。


Nikon 1
img_05.png


posted by acero at 08:08| Comment(2) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

Fiat 500 @ USA

日本でも大人気のFiat 500ですが、エコブームのアメリカでも発売が開始されているのはご存じだとおもいます。
モデルバリエーションもノーマルからカブリオレの500C、そして話題のGucciバージョンもラインナップ。
今のところ「エイバス」バージョンはまだの様子ですが、そのうち出て来るんでしょうね?

先日ガレージを訪れた時にカリスマセールスマンI氏に聞いたんですが、アメリカで売られているチンクは「トルコン」だという話。え?ディアロジックじゃないの?
早速、FIAT USA のオフシャルページで確認しました。確かに「アイシン製マニュアルモード付6速AT」との表示があります。つまりは世界が誇るトヨタ車の為に開発されているそれだと推測できます。

AT贔屓のアメリカではツーペタルよりもなじみやすいのでしょうね。クラッチのメンテも不要ですしね。
そう言えば、マセラティがクワトロポルテでUS市場に再上陸した時にもカンビオコルサではなくATに載せ替えられていたのを思い出します。

毎日ニュースで流れる「円高」。
廉価版のPOPは$15,500USDと言うから今のレートなら120万円です!
500CやGucciでも180万円!もちろん5MTも選べます。
これってありかも?

500usa.jpg


posted by acero at 08:45| Comment(1) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

今日のイタ車:スパイダーTS

平日の大阪市内をドライブ中、見るからにGoodConditionな前期型スパイダーTSに遭遇。
数分間ムルティプラと併走しました。

ブルーメタリックのそれは、かなり丁寧に乗られている個体の様子で、外見は社外アルミ+P-zero、"f"マークのエンブレムや後期型グリルが奢られていました。内装も「ネチャネチャ病対策済み」のセンターパネルが付いていましたので、オーナーの愛情が感じられます。
大幅なリフレッシュをしたのかも知れません。
極めつけはリアハッチ右側に輝くE.フミアのサイン。自筆でしょうか?
確実に10年以上前のモデルですから、これだけ程度の良い個体は珍しいですね。

日常では滅多に見かけない916スパイダーにうっとりの午後でした。

IMG_0023.jpg
posted by acero at 20:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日のイタ車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ウォームホイール装着

先週、製作したウォームホイールを取り付けてみることに。
ウォームホイールをモーターハウジングにはめ込んだところ、誤差で全体が数ミリ大きく成っている様子。
もちろん縮んでいるよりは厄介ではないので、各所をカッターナイフやサンドペーパーで削って微調整。
一番大変なのはピニオンギア部分。そのままではギアがかみ込み過ぎでモーターに負担が掛かる。削りすぎると空回りの恐れが出て来る。
何度もギアをハウジングに合わせ、モーターを回して動きを確認しながら少しずつサイズを調整して組み付け。

はい、ちゃんと動きました。

ちゃんと動いてくれれば、これは経済性&DIYの醍醐味のダブルメリットあります。
後は、どれだけの耐久性があるかということ。耐油性も重要。
取りあえず様子を見てみましょう。

9307_0.jpeg
posted by acero at 19:03| Comment(7) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

今日のイタ車:Fiat Punto

街でイタ車を見つけると、ついつい見入ってしまいます。
「今日のわんこ」ごとく「今日のイタ車」をアップしてみましょう。

第1号はFIAT PUNTO。
実はこれ、街で見かけたクルマではなくてガレージの代車。
いま、ムルティプラが検査点検に入っているので、お借りしてます。

お世話になっているガレージは僕が知っているだけでも4,5台の同型PUNTOを所有している様子。
このモデルを好んで在庫している「単一モデル専門のユーズドカーショップ」と言う訳でもないのに。
メカさんに聞くと「輸入車屋さんの代車としてこれほどの車はない」らしいです。
先ずは4ドアでボディサイズもコンパクト、そしてモーターの様にスムースなCVTは乗る人を選ばない。

このPUNTO、街を走っていると結構な頻度ですれ違うんですね。
アルファロメオ最盛期の156や147程ではないにしろ、意外にも、かなり売れたイタ車なのかも知れません。

イタリアンデザイン全開の鉄仮面顔はなかなかハンサムですし、ソリッドカットのサイドウインドもシャープ。
その代わり?内装はデザイン、品質共にイマイチではありますが、実用車なので仕方ありません。

パンダより普通で、でもイタリアンな味わいのあるPUNTOはプロおすすめの実用イタ車ですね。

写真.JPG

posted by acero at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のイタ車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

樹脂ギアを自作してみた

先日、スパイダーのトノカバーをロックするモーターが稼働しなくなった。早速分解してみたところ、樹脂製のウォームホイールにクラックが入り、約5mm程ギアの歯が無い部分ができていた。つまりモーターが回ってもウォームホイールが空回りしている。取りあえずギアをはめ変えて歯が無い部分を使わない様なセッテイングにして、なんとかモーターは稼働しているのだけど、問題はこのウォームホイールはパーツとして取り寄せることができず、モーターアッセンでの交換になると4~5万は掛かるという酷い話。幸い、モーターは元気に動いているので今後の為にも、このウォームホイールを自作してみることにした。

東急ハンズで入手したホビー用ウレタン樹脂とモールドを作るブルーミックスと言う粘土状のシリコン。容量の小さな物を選ぶと合計で6,000円程度。作業は至って簡単、ブルーミックスに付属の2種類の粘土を混ぜてそこにオリジナルのギヤを埋込み形を取る。数分で硬化し、10分もすればシリコンゴム製モールドのできあがり。ここに今度はやはり2液性のウレタン樹脂を混ぜて流し込む。こちらも30分もすれば白く硬化。せっかちな僕には硬化までに半日とか、一晩とか掛かるのはキライ。早くて簡単なのが良い。
出来上がったパーツをオリジナルと見比べながら、細かな所をひと通り修正して出来上がり。

今日はパーツ製作まででタイムオーバー。
時間ができたら取り付けてみよう。
うまく動いてくれるかな?



IMG_0443.jpg
posted by acero at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

最長遠征距離by Mulitipla

昨日から、被災地福島へマイカーで訪問しています。大阪から700km強。
日本国内で1日に移動した距離の新記録です。

ムルティプラが不得意なのは高速道路。
エンジンパワーは1.6リッターにしては妥当ですが、ギア比が低いので5速でも法定速度+αで走れば4,000rpmをオーバー。
連続して走り続ければエンジンが壊れそうだし、なによりノイジー&燃費が悪い。

お疲れさんムルティ。
大阪に戻ったらオイル交換してあげよ。

P1030031.jpg
posted by acero at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Multipla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

R.I.P. Steve

普段、親族や知人は別ですが、著名人や芸能人の訃報に「しんみり」することは滅多にありませんが、昨日、移動中の新幹線内で知った彼の死には感じるものがありました。
いままで、彼のスピーチの内容うんぬんは経済誌などでちらっと目にする程度で、それほどのインパクトを感じたことはありませんがApple社の送り出す製品とそのコンセプトを通じ、自分もやはり彼(の製品)に強く影響を受けている一人なのだと改めて実感しました。

本来、コストと性能の追求を重視すべき、しょせん事務機器(えんぴつや計算機の様なもの)の選択に於いて、ユーザーが製品デザインコンセプトやブランドイメージに共感し、高価でもリンゴマーク付きを選んでしまうそれには、脱帽です。

彼の訃報直前に発表された期待の新製品"iPhone4S"は、市場が登場を予測していたiPhone5では無かったわけですが、
それはApple社員から彼へのメッセージ "Phone for Steve" = phone4S だと言う噂も飛び交っています。
それが仮に後付けのゴシップであっても、やはり「信者」は4Sが必須アイテム?

アップルのwebsiteには「Remembering Steve」というページがアップされました。
もちろん、いつもの製品発表と同じように、スタイリッシュなページを、世界各国の言語で同時アップ。
Remembering Steve

僕のiPhoneには大事に保管してあった純正の古い6色リンゴマークステッカーを貼りました。
少しサイズが違うのがご愛敬ですが・・・・R.I.P. Steve

P1030005.jpg



posted by acero at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

iphone4S登場

本日、アメリカにてiphoneの新型iphone4sが登場しました。
噂通り、ディュアルコアA5チップ搭載、その他にもカメラや動画の性能が向上した改良版です。
容量はいつものappleの新型の法則に沿って一段アップの64GBが上級モデルってパターン。外見は同じなので、イメージとしては3G > 3GSの時と同じですね。

そして特記すべきはその通信方式。iphone4で登場したCDMA対応が今度は1台でこなせると言う。
日本に於いてはいよいよCDMA方式のAUからもiphoneが登場するというからiphoneの人気は更に上がりそう。
僕が仕事で訪問することがあるアメリカや韓国は日本とは比べものにならないくらいの高い率でiphoneが普及しています。
実際、今も韓国から2名の取引先が来日中ですが、二人ともiphoneユーザーでした。
日本でもAUのiphoneマーケット参入でSoftbankとのサービス競争も激化するだろうし、ますます目が話せないiphoneとその周りですね。

個人的には今年の春に「待たされすぎた白モデル」が登場する際に噂された4Sモデルが漸く登場って感じ。
あの時、更に待っていたら今までiphone4の恩恵を受けられなかったかと思うと、まあ半年の元は取れたかな?
実際、今のiphone4でストレスを感じることはないし、古い3Gモデルから比べると快適そのものです。
もちろん、iphone4にiOS5を入れるとどうなるのか?
また、一度4Sを触ってしまうとまた「買い換えたい病」が始まるのでしょうけどね。
まあ、iphone5登場までがタイミングになりそうです。

iphone 4S

iphone4s.gif


posted by acero at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする