2011年08月31日

アメリカ〜ンなランチア

海外サイトにフランクフルトショーの情報が出てます。

登場したランチアのラグジュアリーカブリオレは永年楽しみにしていたフィアットベースのフルビエッタではなくて、4座+ハードトップ付きのフラビアカブリオレ。
L.A.空港のハーツやAVISのレンタカーロットに並んでそうな・・・・いや並んでるクライスラー200そのものですね。
テーシスもやはりクライスラーボディなマッチョセダンで登場しましたが、ガレイタさんはこれでも輸入するんですかね?
しないよね。
益々デルタが貴重な存在です。

念の為、上がランチアで下がクライスラー

lancia_flavia_cabrio_frankfurt.9qer1z9dyb4sw0w8ccggswggg.a5fuq7lrqzkgc0ccw4ss08gso.th.jpeg

2011-chrysler-200-convertible-front-angle-view.jpg
posted by acero at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

エアコン全開、かなり涼しい。

週末は可能な限りスパイダーで出かけるのですが、まだまだ日中は幌を降ろせない暑い日が続いています。

渋々幌を付けたまま出発するのですが、スパイダー(=オープンカー)が嬉しくて仕方ないので、夏の雨雲が接近すると太陽が隠れるので、すかさずオープン!
そして数分後にはゲリラ豪雨が来てまたクローズ!なんてことを繰り返してます。
まあ、ボタン一つで自由に開閉できるのは便利です。壊れなきゃ良いけど。

エアコンは今まで所有してきた新旧イタ車の中で一番よく冷えます。
それは単純に、室内の体積が狭いこと、そしてグラスエリアが少ない(サンルーフ無しなど)からですね。
年式的にスパイダーよりも少しだけ新しいムルティプラのエアコンも吹き出し口の温度は低いものの、広く、グラスエリアの多いキャビンを完全に冷やすには少し容量が足りないかも知れません。まあ、ミニバンならツインエアコンなんて装備があるのが普通ですから。

もちろん「屋根下ろしてナンボ」なクルマですが、真夏の日中はこのエアコンの威力を素直に評価します。
ファンもオープンモデルだからでしょうか?随分強力で「4」の目盛りにして直接顔に当てると冷たくなりすぎる程です。
まあ、国産やドイツ車では普通のことなんですが、イタ車基準では驚きのエアコン性能。

炎天下に駐車の場合、電動トップのスイッチを数秒だけ稼働させて幌の後側だけを持ち上げてトノカバーが開く手前で止めます。
そのままサイドブレーキを下ろしてエアコンを全開にして暫く走れば車内の熱気がたちまち車外に放出されてエアコンの効きも良くなります。次の信号で停車したタイミングでまた電動トップを元に戻せばOK。(機構的には問題ないですよね?多分)

もう少しでトップダウンが心地よい季節になります。
1日中屋根開けて走れる日も近い?

P1020580_3.jpg

posted by acero at 02:48| Comment(1) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

momo corse アルミシフトノブ

少し年季が入って、くたびれていた純正のレザー製シフトノブを試しにムルティプラで使っているmomoのアルミタイプに交換してみました。

スパイダーTSのシフトノブはシャフトの先端がくびれていて、そこにゴム製のシフトノブを圧入(というか押し込んである)タイプです。だから抜き取る時は要注意。両手でシフトを握りしめ、思いっきり引き抜いたら、シフトがシャフトから外れた瞬間、顔面(下唇)を強打。危険です。
取り替えたmomo製シフトは内部にラバーアダプターが埋め込んであるので、シャフトに差し込むだけでもかなりしっかりする。最後に3つのイモネジで固定すればできあがり。作業は僅か1分程度。

見た目は露出したシャフトがレーシーだし、ヘッドが重くなった分、操作感も上々。
アルミカラーのパネルとも相性が良い。

こうなると・・・フェラーリみたいな球形タイプも気になる。

写真 2.jpg

写真 1.jpg




posted by acero at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ナポリの様な南芦屋のレストラン

週末のランチは南伊太利亜っぽいカジュアルレストランに行ってきました。
ビザ窯で焼くピザは本格的ナポリ系。

ビーチサイドのお店なので気取らず、イタ車で行くドライブランチにはぴったりな感じ。

P1020613.jpg


posted by acero at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | appetite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

久々にサングラス調達

数年間毎日使っていたサングラスのフレームがとうとう折れてしまいました。
デザインやブランド以上にかけ心地が気に入っていたので残念ですが、修理がきかない部分なので今回はあきらめ。

新に選んだのはSMITHの偏光グラスPOLARシリーズ。
SMITHと言えば、モトクロス少年時代にはOAKLEYと人気を二分したゴーグルブランドでしたが、
最近はスノーボードやフィッシングの業界でもブランドの様です。

今回はスパイダー用にレンズの大きなタイプを選びました。
「屋根無し」にはこれくらいの大きさがいいですね。
娘からは「ハンターみたい」と不評ですが、付け心地は快適です。

余談ですが、この偏光レンズでiPhone4の液晶を見るとチラツキが出て、長く見ていると頭が痛くなります。
なぜかiPhone3Gやカーナビの液晶ではそうなりません。何が違うのでしょうね?

つぎは普段用にもう少しデザインコンシャスなのも物色中デス。

P1020555.jpg
posted by acero at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Butsuyoku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

マグネット式ipodフォルダー

自作ipodフォルダーはこんな感じ。
コルク栓(今回は安定性を重視してワイドなシャンパン用を使用)の上面を好みの角度に合わせて平になる様にカット。
マグネット式のケータイフォルダに付属の両面テープでコルクを接合。
コルクは黒く塗れば更に自然だけど、装着後はほとんどコルク面は露出しないので、今回は素材を強調するためにそのままにしました。

インプレッション:
強力なマグネットで固定されているので、走行中の振動程度ではiPhoneがずれたり、外れることはありません。
また、装着しているままでも選曲が可能で、必要ならば本体を手許まで保ってくることも出来るので便利。
iPhoneを装着していないときも一般的なケータイフォルダよりもシンプルな(かさが低い)形状だから良い。
またコルクはシガーソケットに差し込んでいるだけなので必要ならば直ぐに外して、ケータイ充電器などその他の機器を使える。
まあ、僕の旧iphoneはipodとして常時設置しているので、フォルダーが見えることもないんだけど。

唯一の難点はマグネットと固定させるためにiPhoneの裏面側にメタルプレートを取り付けないと行けないということ。
これもスマートにするためには薄いiPhoneカバーを付け、内側にメタルプレートをはさめば大丈夫。

P1020598.jpg

P1020597.jpg

P1020599.jpg



posted by acero at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

儲かると落ちる味?

週末のランチに大阪はコリアンタウンの某お好み店に行ってきました。
この店は大阪のお好み焼きツーなら知らない人は居ないほどの有名店で、古くから営業している老舗でもあります。
店は下町独特の雰囲気とたくさんのメニューから選べるダイナミックなお好み焼が美味しかった店です。

今回、久々(多分、半年以上行ってなかった)に訪問したら店が新築?改装され随分垢抜けた雰囲気になっていました。
店がキレイになって悪いことはないのですが、いざ注文したお好みは味も随分普通になり、正直、いつもの様な感動がありません。
モダン焼に乗っている麺もなんだかパサパサ、オマケにサイドで注文した「おでん」も味が浸みていない。

やっぱり「店建て替えられる程儲かると味も落ちるのか?」それとも単に気分の問題かなぁ?
数年前にやはり路地裏の店から大通りに出店した他の店の味にも同じ様なイメージがあります。

まあ、当事者にすりゃ「儲けて、店を綺麗にするのはフツーのことやん、悪いか!」って話。
儲かっても当時のボロイ雰囲気の店で食べたいと言うのは客のエゴですわな。

ま、今回はたまたまだったのかも知れないので、機会を見て再度チャレンジしてみましょう。

画像はこの店のお好みではなく、僕のお好みNo.1店のモダン焼:

写真.jpg



posted by acero at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | appetite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

宙に浮いたiphone

iphone(この場合ipodとして)のスマートな取付方法を模索していたのですが、なかなか「これ」と言う方法が見つからずセンターコンソールに入れて使用時だけ取り出していたのですが、それでは選曲の度にめんどくさいし、だからと言って助手席でゴロゴロ転がっているのもみっともない・・・・いろいろ物色した結果、この方法に落ち着きました。
ご覧の通り、iPhoneが少しだけ宙に浮いた状態で固定され、シンプルかつ、確実にホールドされてます。

その方法は・・・
マグネットタイプのケータイフォルダを利用。
通常、両面テープでダッシュボード等に固定する製品の様ですが、iphoneを設置したいセンターコンソール周辺にはなかなかフラットな場所が見つかりません。そこで、12Vシガーソケットの穴を利用してワイン栓(コルク)を刺し、そこにフォルダーを固定。
この、方法、実はオリジナルさんがいらっしゃいます。目から鱗のhitech_ojisan考案のこれ。まさかコルクがこんなにぴったりだとは、それにカッターナイフで簡単に加工できるのでベンリ、失敗したらワインを一本飲み干せばまた試作できるのも最高!ちなみに頭のでっかいシャンパンコルクなら安定性も更に向上します!

IMG_0233.bmp

次回blogで取付部分の画像を紹介しますね。

posted by acero at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする