2010年04月29日

お約束。

先日、親戚宅のBirthdaycakeに驚かせられた我が家でしたが、それから数ヶ月後の今月、僕の誕生日にはやはり「お約束?」の様に同じケーキ屋さん作のアルファが届きました。

なんでも例のレーシングジュリア123号車の写真から製作して頂いたそうですが、ケーキだけにボディーカラーが鮮やかなビアンコ。それにジュリアの丸っこいボディは表現出来なかった様で、スッドの様になってますが、顔は間違えなくベローチェです。
初期型パンダだったら完璧に再現出来そうですね!

そして、最近手芸を覚えた愛娘からはビスコンティマーク付きのフェルトで出来たお守り入れ。中にはクアドリのお手製お守りが入っていました。

心のこもった家族からのオリジナルバースデーケーキ&ハンドメイドプレゼントに半泣き状態でした。


_MG_1969.jpg

posted by acero at 10:25| Comment(5) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

iphone4G かもしれないプロトタイプ

いま、巷で話題のAppleのエンジニアがサンノゼのバーに忘れていった「iphone4G かもしれないプロトタイプ」。現物を入手した情報サイトのgizmodoでは画像はもちろんのこと、動画や、分解画像まで公開。製品開発メーカーとしては恐ろしい時代ですが、ユーザーとしては楽しい時代ですね。特長は裏面ボディがフラットで、側面もつや消しのアルミ製?となり、イメージはMacBookやiPadと共通のコンセプト。ボディサイズおよび画面サイズは従来品と同じですが、本体は若干薄くなっている様ですね。機能的には前面にもカメラが付き、つまりMacbook同様にiChatが出来る仕組み。おまけに従来モデルと同じ位置にある裏面カメラはようやく大型化され、おまけにフラッシュ搭載。
裏面ボディがプックリ膨らんだ既存iPhoneも他社品には無い魅力あるデザインでしたが、「かもしれないモデル」のCoolなデザインもなかなかいいかも?
逆に、心配はチャットなどが出来るビデオシステムを強化して、ボディが薄型になるとバッテリー容量はどうなのか?
アップルは以前からバッテリーの保ちについて「移動時はシガーコネクターで充電して貰えば大丈夫」なんてコメントしているけど、それってクルマ移動が中心のアメリカならいいけど「朝、家を出たら途中で充電できない日本人はどないすんねん?」て話しですよね。

Appleはこの落とし物についてGizmodoに対し正式な返却要求を出している(また、その文面を公開しちゃうからたいへん)と言うから、「かもしれないモデル」はやはり本物の先行プロトの様ですね。

500x_iphone4_01.jpeg




posted by acero at 08:45| Comment(3) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

見納めだったかも

今週末のさくらトンネル。

今日、大阪地方は本格的な雨だったので、昨日の週末が見納めだったかも知れませんね。


IMG_0237.jpg
posted by acero at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ以外のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

FM Cocolo

クルマ通勤や営業の際は常にFMを流してドライブしています。

大阪エリアのFMと言えばNHK FM以外には老舗のFM大阪、20年くらい前に開局したメガヒットを主に流すFM802、神戸のKissFM、そして元々外国人居住者向けの情報発信局として大震災後に開局したFM Cocoloがあります。
僕のお気に入りは永年、神戸のちょっとオシャレなKissFMだったのですが数年前に経営難に陥り、今はFM大阪と同様の東京FMのネットワーク局となり、オリジナル番組がめっきり減ってしまいました。

そんなタイミングもあり、ここ数年の僕のメインステーションはFM Cocoloにお引っ越し。
FM Cocoloはその性格上、世界各国の言語をしゃべれるDJ(多くは外国人やバイリンガルの日本人)とその国々の音楽や文化を発信しているので、大阪に居ながらにして海外に居る気分さえ味わえるインターナショナルなFM局です。
日本語DJも他局のDJさんとは違う、なんだかほんわかした味のある人が多く楽しませてくれました。
またヒット曲は最低限に邦楽、洋楽から僕の好きなAORやボサノバなど幅広いバリエーションからバツグンの選曲でした。

ところが、今月からそのスタイルが一変。
「4月から内容が変わる」とは聞いていたのですが、それは普通の番組改編ではありませんでした。
Kiss FM同様に不景気のあおりを受けたらしく、経営難だったようです。そこで経営再建に協力したのがなんと、大阪のNo1 FM局(一様ライバルですよね?)のFM802。
これによりFM802のDJやスタッフがFM Cocoloの番組を運営することに成った様です。

コンセプトは45歳以上〜団塊世代をターゲットにしているそうですが、流れる音楽は誰でも知っている昔のヒット曲、つまりは「懐メロ?」ばかり。これじゃ802のおじさん・おばさんバージョンです。

3月末からの試験放送期間の数日は様子を見ていましたが、今週から始まった本放送では802系DJが交代で登場、Cocoloを聴いている気には到底成れません。

おまけに元々Cocoloでお昼の番組を持っていた某中国系ママさんDJは4月からも番組を引き続き持っていますが、なんだかトークに張りが無いというか、トーンダウンしてるみたい。
「ディレクターや内部のスタッフも802から来たのかな?」
なんて想像も膨らみます。

元はと言えば802やFM大阪がイヤでKissやCocoloに流れてきたのに、そのCocoloが802風に成ると言うのは・・・・。

プレスリリースはこちら


t01800152_0180015210468526585.jpg

posted by acero at 13:10| Comment(3) | TrackBack(0) | free talk  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする