2010年02月13日

幹線道路での事故後の処理

国道423号線、通称「新御堂筋」は大阪の都心部から大阪北部の地域、および幹線道路(中央環状線を通じ名神吹田ICへ接続)を繋ぐ信号の無い高規格道路。毎日通勤に使っていると、週に2,3度は必ずと言っていいほどどこかで追突事故が発生します。事故原因の多くは自然渋滞の最後尾で起こる場合、渋滞時の脇見(テレビ、携帯含む)、出入り口ランプでのすり抜けバイクとの接触などなど様々。多くの事故が人命に関わる様なものでは無く、軽いむち打ち、またはクルマの破損のみと言うものでしょう。

そんな事故が起こってしまうと事故現場が障害物になり、2車線ある内の1車線を塞いでしまうため、後続車の渋滞は酷いモノです。
酷い場合は接触した状態を保ったまま、つまり走行車線のど真ん中にクルマを停車させたまま放置されているケースも見られます。
事故現場にクルマをそのまま放置して警察の到着を待ち、その後、丁寧な現場検証を行うことが渋滞の原因です。

もちろん、それは道路交通法では正しい事故後の処置だったと思います(教習所ではそう習ったと思います)が、都会の幹線道路の場合、必ずしもそれが正しい処置なのでしょうか?



新御堂筋(国道423号線)の渋滞

IMG_0133.jpg


続きを読む
posted by acero at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

クルマヲタク用BDケーキ

親戚んちの4歳になった男の子のお誕生会に行ってきました。
そこで登場したのがオーダーメイドのバースデーケーキ。
その家のファミリーカーの形をしたイチゴケーキでした。
ケーキ屋さんのサンプルは日産キューブだったそうだが、
こちらからのリクエストでここまでやってくれたそうです。

男の子用って言わずに・・・
じゃあ僕の誕生日は何にしてもらおうか?


ハ真 3.jpg



ハ真 5.jpg

posted by acero at 08:31| Comment(4) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする