2009年10月10日

日本もかっこいい商用車の時代

カーキチは仕事用の車選びにも手を抜かず、こだわらなければいけないと思う。と言うか、こだわりの無い車に乗ってては仕事も上手くいかない。それが僕の考え。
だから、実用性や経済性を少しくらいスポイルしても、納得の商用車を選びたいものです。

あせろの商用車歴
>日産エスカルゴ>トヨタデリボーイ>ランチアゼータ>フィアットムルティプラ。

でも、仕事でガンガン使えて、尚かつこだわりを感じる車って、そう多くは無いものです。

以前から「いつかは乗りたい営業用ワンボックス」として憧れているのがルノートラフィック。その前衛的なスタイルは日本のどの商用車にも無いデザイン。もちろん、ヨーロッパでも他社のバンよりも飛び抜けてかっこいい思います。
ところが、トラフィックはでかい。日本の交通事情にはちょいと使い勝手が悪そうなのです。実車を見たことは無いので、知ったかぶりではありますが、おそらくハイエースのロングくらいのクラスなのかな?と。

そんな、悩める営業車選びにバッチリのワンボックスが日産から登場しました。その名はバネットNV200。そろそろ街でも見かける様になって来たので気になっている人も多いと思います。
日産の小型ワンボックスバンシリーズであるバネットの最新型な訳だけど、これがなかなか格好良い。低め&ワイドなボディがたいへんスポーティー。特にリアゲートのガラスはその開口部が薄く、まるでカスタムバンの様です。
切れ上がったサイドドアなどのラインを見ていると「はて、これはルノー・日産連合がバネットをトラフィックの下位クラスモデルに仕立てたな?」と。(推測です)道理でかっこいいはずです。これならヨーロッパの町並みにも溶け込みそう!
そんなNV200は日本国内でも販売しているわけですから、これはますます気になるぞ。
こんな商用車がどんどん増えるといいですね。


img_1181413_27312641_3.jpeg

88_renault-trafic-003.jpg

posted by acero at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

これってイタリアのデザイナーが・・・

そろそろ今年のショーモデルが勢揃いし、毎日ニュースになっておりますが、画像の車は我らが大阪が誇る?D社のコンセプトカーらしいです。

でも、このダッシュボードの形や素材って「イタリアの名デザイナーの作品を30年後に真似しております」って感じ。写真ではよくわかりませんがシートの形状も「ハンモックシート」っぽいですね。

中国メーカーじゃなくて世界のT社グループなんですねよ?


zoom@3e5ef357dc9f581a84019c01ae29a49a.jpg

posted by acero at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする