2008年04月29日

GWは「おうちバーガー」でまったり

いよいよゴールデンウィークに突入ですね。
今日はあまりにも天気が良かったので自宅のバルコニーでBBQと相成りました。
実は先週末もバルコニーでBBQをしたのですが、連続で焼き肉はさすがにしんどいので今日は自家製ハンバーガー。


IMG_5665.jpg

IMG_5649.jpg
続きを読む
posted by acero at 20:03| Comment(9) | TrackBack(0) | appetite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

団塊の世代向け商品

最近気が付いたのだけれど、僕が「欲しいな」って思う商品(特に家電など)のセールスコピーを読むと「団塊の世代をターゲットとした・・・・」なんてのが実に多い。
僕はもちろん「団塊の世代」ではなく、むしろ「団塊ジュニア」に近い方の世代なんだけど。どうも趣味が「オッサン臭い」様だ。

数年前に初めてデジタル一眼レフを物色したときも、最初に気になったのはキャノンでもニコンでもなく、当時発売されたばかりのパナソニックのライカレンズ搭載モデルルミックスL-1。興味があったのはレンズばかりでなく、そのボディデザインがライカのMシリーズの様な形だったからに他ならない。そして昨年末ヤマハからデビューしたHi-FiプリメインアンプA-S2000、こちらも70年代のyamahaの名機CA-2000などのデザインを継承したリバイバルもの。


2000.jpg
続きを読む
posted by acero at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Butsuyoku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

待望のIKEAがオープン

スカンジナビアデザインのスタイリッシュで安価な家具やセンスのいい雑貨を提供するIKEAの日本3号店にして、首都圏外初めてのストアがいよいよ本日、神戸のポートアイランドにオープンした。
もちろん関西初店舗となるので、テレビやラジオでもニュースとして取り上げられる程の注目度です。


pic.jpg


続きを読む
posted by acero at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | free talk  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

ヒストリックカーイベント

学生時代、車の好みはジワジワとヒストリック系に傾き始め、気が付けばノルドアルファを2台も乗り継いでいました。
毎年8月に開催される世界的にも有名なペブルビーチコンクールドエレガンスと、同じ週末に近くのラグナセカで行われるモントレーヒストリックオートモービルレースはそんなヒストリックカー好きにはたまらないイベント。今まで雑誌の写真でしか見たことの無かった歴史的なワンオフモデルの展示や貴重なワークスレーシングカーが全開でコークスクリューを駆け下りる姿は感動そのものでした。

これらのイベントを観戦した当時の懐かしい画像を一緒に行った友人が自身のblogにアップしてます。

画像はラグナセカのパドックに佇む2台のFiat Abarth 750 GT "Double Bubble"。
60年代当時、アメリカにはFAZAと言うAbarthの代理店が活発に活動していたおかげで、アメリカの風土には似合わないこんなコンパクトなスポーツカーが結構な数上陸していたようです。



lagu03.jpg


posted by acero at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

開通したら利用しなきゃね:新名神

春休み最後の週末は少し遠出して絶叫マシンが勢揃いしている遊園地「ナガシマスパーランド」まで行ってきました。

京阪神地区から長島までは松原から西名阪・東名阪を経由するルートで2時間弱はかかるので、なかなか気軽には行けなかった。
ところが、最近開通した新名神(草津〜亀山)を利用すると、なんと1時間強で現地入りできるのです。この新名神は将来的に第二名神となって我が街、箕面まで繋がるルートの一部です。


ST330042.jpg
続きを読む
posted by acero at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマのいろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

安心を安価で:リダクションスターター

アルファロメオに限らず古いクルマの電装系は摩耗や劣化の影響が強く、場合によってはトラブルの原因になることも多い。僕のベローチェではスターターが以前からどうもシャキッっと行かない。

購入した際に装着されていたスターターは純正の重くてでっかいタイプでハイカムや45DCOEなどでチューンされたエンジンではなかなかシューンとは回ってくれない。オイルが重い冬場の始動では一度ミスるとプラグがかぶったりすることも手伝って、上手くエンジンが掛からないなんてこともしばしば。
また、サーキット走行ではコース上でスピンしたと同時にエンストして、もし再始動出来なければ「赤旗中断」はもちろんのこと、後続車との接触など、危険がいっぱい。

KICX4091.jpg



続きを読む
posted by acero at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | alfaromeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする