2017年06月25日

Partire MODA

スパイダーは今回、3回目の検査でした。
過去二回はユーザー車検で通していましたが、
最近はチェックランプなどいろいろ検査項目が厳しいらしく、
今回は頼れるメカにお願いしました。
微妙なクルマはプロにお任せです。

検査を通して、気分だけリフレッシュしたスパイダーに以前から気になっていたホイールをget!!
Partire MODAです。
このホイール、何と言ってもデザインが魅力。
往年のアウトデルタ tipo33/12や美しすぎる33stradale、迫力のGiulia GTAmなど、オールドアルファのレーシングカーに必ず装着されていたマグホイールを模したデザイン。
Spider/gtvをピニンファリーナ在籍時代にデザインしたエンリコフミア氏のスケッチにもこのデザインが描かれていますので、916にはお似合いのホイールと自負しています。
サイズは16inch/7Jで純正より少しワイドになる印象。
そして肉厚なデザインに反して意外にもとても軽量です。

A5B2FFFC-372B-428B-BC1F-465EEDED80D3-1637-0000014AA459E73A.jpeg
元々アルファ156/147用なので対象車種がそろそろ現役引退して行く中、中古市場ては廃車前に取外したパーツが賑やかなのは当然。
以前は中古でも結構な値段でしたが最近はかなりこなれた価格、おまけに出物も多い。

気をつけないといけないのは、装着できるモデルが限られていると言うこと。
フィッティングはPCD98の5穴なのですが、ブレンボキャリパー装着車には付かない!とか、スペーサーで調整が必要とか、ある様です。


IMG_6094.JPG
posted by acero at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

マフラー交換

最近は週末ごとにベスパで遊んでます。
今週はエキマニとタイコの付け根がサビで朽ち果てて排気漏れが酷かったマフラーを交換。
ヤフオクで安価にゲットした中古品を耐熱ブラックで吹いてみました。
マフラーはエキマニの2本、タイコの1本の合計三箇所のボルトで止まっています。
何れのボルトもタイヤに干渉しそうな位置なのでリアタイヤの脱着が必要かと覚悟していたのですが、
進めてみるとなんとかギリギリ、タイヤを外さなくても作業出来ました。

作業時間は15分くらい?
マフラー交換で排気漏れも無くなり、静かに成りました。
気持ち吹けも良くなった?印象。

IMG_5431.JPG
posted by acero at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Vespa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

ヴェスパ アゲイン。

最近、ヒョンな事から再びヴェスパオーナーに成る事が出来ました。
手に入れたのは日本では一番ポピュラーなスモールボディと呼ばれるビンテージスタイルの100ccモデル。
偶然にも最初に乗った50sと同じネイビーブルーの車体。
ボディは結構ボロいですが錆は以外にも少なめで、肝心のエンジンは快調!
いろいろやりたいことがでてきます。
また、当分ヤフオクの日々が続きそうです。
IMG_5261.JPG
posted by acero at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Vespa | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

スピーカー交換

コアのスポンジが劣化してボリュームを上げると音割れしてしまうフロントスピーカーの交換を随分以前から模索していましたが、楕円形タイプで、おまけに既製品より少し小さい為、なかなか簡単にフィットする楕円スピーカーが見つかりません。
所詮はオープンカーですから、ハイクオリティな音質云々よりも、オープン時にもハッキリ聞こえる音量と、何より見た目が大事。
そこで、先輩916オーナーさんの例を参考に純正楕円形とほぼ同寸直径の丸型(13cm)を加工して、取付けることにしました。
本来、楕円形がフィットする内装に丸型を付けるにはスペーサーを製作しなくてはいけませんが、面倒なので純正スピーカーのフロントカバー(樹脂製)の真ん中をくり抜いて丸型スピーカーをビス留め。アルファの黄色いコネクターは分解してスピーカー端子に直結。本格派のみなさんからは「隙間あいてるやん?あかんやん!」とご意見が聞こえて来そうですが、先ずはちゃんと鳴れば合格。もちろん純正グリルもバッチリフィット!構想数年、作業時間30分の幸せ。

IMG_5106.JPG
IMG_5107-d180a.JPG
posted by acero at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Spider tipo 916 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

TSOVET NT42

最近いろんなメディアでも取り上げられる事が多くなって来たSo.CalのモダンウオッチブランドTSOVET。
モダンなデザインが多い中、このモデルはクラシカルなデザインの42mm。200mの防水性能+標準で着くのはラバーベルトなのでやはりマリンスポーツにも最適なモデル?僕はウイークデーにジャケットにも似合うビジネスウォッチとして選びました。
posted by acero at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | watch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

Straton Carved Chronograph (Black model)

Straton、 聞き慣れない新しいブランドの時計です。
この時計ブランドは最近流行のクラウドファンディング、Kick Starterから生まれたモータスポーツウォッチ。
企画したのはスイス在住のアルフェスタと言う親近感の湧くブランド。

IMG_4090.jpg

60~70年代、モータースポーツ黄金時代にレースやラリーで正確なタイムを計測するために生まれた高品質なストップウォッチ付き時計がクロノグラフ。クロノグラフは当時のレースシーンには欠かせない計器であり、またファッションでもありました。一番有名なモータースポーツウォッチと言えばホイヤーのカレラやモナコなどですね。そんなビンテージクロノグラフの雰囲気をそのままに現在のテクノロジーで創り上げたのがStraton のCarved Chronoです。

オリジナルのレザーベルトの他にレーシングチームのイメージカラーを模したNATOベルトが選べるのもこの時計の大きな特長。今回はポルシェ911の計器風のブラックケースにオレンジの針のボディを選んだので、NATOベルトはマティーニとガルフストライプをチョイスしました。
今やビンテージクロノは価格も維持もたいへん。
時計に10万以上出せない(そんな金あったらクルマのパーツ買うわ!)
でもちょっと拘りたい人に最適なレーシングクロノグラフですね。

IMG_4048.JPG


posted by acero at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | watch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

Ti wheel装着

以前からスパイダーのホイールリフレッシュを企んでいましたが、値段も含めて、なかなかお気に入りのホイールが見つから無かったのですが、漸くコストパフォーマンスが高い気になるホイールが出て来たので、いつも通りヤフオクで落札して手に入れました。

IMG_2705th_.jpg

今回のホイールは147/156に設定されていたスポーティーバージョンの”Ti"シリーズ専用モデルです。
実はこのデザイン、本国では後期の916スパイダー(セリエスペチァーレ)にも設定されていたのですが日本では916モデルへの設定は無かったので新鮮です。実際にTiのロゴマークが刻印されています。
デザインがスパイダー純正の各ホイールよりも一世代?新しめの為、クルマがとてもモダンに見えます。
おまけにまだまだ使えるBSタイヤつきで、そのまま使えたので更にコスパ高し!

IMG_2706 - バージョン 2th_.jpg

本国仕様に設定があったので、ポン付けできるのかと思いきや!実際にはオフセットの違いとホイールのハブ分の厚みの違いで、そのまま取り付けると約10mm程内側に入ってしまい、おまけにボルト長の変更も必要になります。そこで、10mmのスペーサーを挟むことでオフセットも丁度よくなり、ボルトも交換せずにフィットしました。

IMG_2703th_.jpg

16inch 6.5Jのノーマルから17inch 7Jにインチアップでホイールハウスの隙間も少なくなってとてもいい感じです。コストも含めて大満足のリフレッシュでした。

*後のリサーチで判明したのですが、156/147用とspider用は実は類似のデザインですが、オフセットを含め全く別のホイールだったようです。どおりでポン付け出来ない訳です。
posted by acero at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | alfaromeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

家族の集まりは・・・

ゴールデンウィークと言うことで久々に家族が実家に集まりましたの図。
何故か、イタ車のオフ会になってました・・・・

一番右端から
panda 1000CL
500 twin air
Delta 1.8 turbo
Grande Punto sports

でも、本当は・・・今日来ていないイタ車があと2台あります(笑)

IMG_2661th_.jpg
posted by acero at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

面倒なオイル交換。

今まで永年、オイル交換はDIYで対応していたのですが、このDeltaはちょっと厄介。
なので、ショップさんにお任せしております。と言うのも・・・

IMG_2635th_.jpg

たかがオイル交換するだけなのに、先ずは右フロントホイールを脱着、次ぎにアンダーカウルを外し、右フロントフェンダー内のインナーカウルを外します。
そこで漸くドレンボルトとドライブシャフトの上の方にオイルフィルターが現れます。
ドレンを緩めるとオイルパンから出て来るオイルが丁度その下に付いているブレスバーにかかるので、いろんなところがオイルで汚れます。
またオイルフィルターから溢れ出たオイルはドライブシャフトのジャバラにかかってしまう。
おそらく同じエンジンのジュリエッタクワドリも同じだと思う。

IMG_2636th_.jpg

おまけに、オイル交換のワーニングランプが点いたりすると、
それを消すのにもダイアグに繋げなければダメなので、厄介ですね。

そんな訳で、少し工賃はかさみますが、このクルマはお任せ。
もちろんスパイダーの方は自分で簡単にできるので、DIYで維持しております。
posted by acero at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | maintenance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

iPhone SE が来ない。

デカくなった iPhone6も6Sもパスして、4inchで復活する筈と言われたニューモデルを待って早半年、いよいよ3月31日に発売が決定したiPhone SE。

新型のiPhoneを購入するときはいつも一番にgetしているので、今回も予約開始日の予約開始時間直後に間髪入れずに最寄りのSBショップで予約を行い、入荷連絡を待つことに・・・。

そして、発売1日前に予想通りショップより電話が入り、引取日時を決定。
当日はいつも通り仕事をサラッと済ませて予約したショップに訪問しました。
ここまではいつもの機種変のルーティンパターン。
すると「すみません、入荷が遅れている見たいです。」と言うスタッフ。
「え?届いてないなら連絡してよ! まあ、初日に予約しているんだから遅くとも明日には届くよね?」って言葉を残し、はやる気持ちを抑えて帰宅。

その後、2日が経過してもショップからの連絡は無し・・・しびれを切らしてこっちから電話してみると「入荷の検討が付いていません。今までに1台しか入荷していません」と言う「ほんまかいな?」な回答。
今日で発売から1週間と1日が経過したけどまだ連絡は来ません。
ネットで調べて見ると、他の予約ユーザーからも同じ様な、いらだちを隠せない書き込みが目立ちます。
予約したのはSoftbank版スペースグレーの64GB。どうも3キャリアおよびSIMフリー機も含めて64GBが特に品薄の様子です。

せめて、心待ちにしている初日予約のユーザー分くらいは在庫確保して欲しかったと言うのが僕らの気持ちです。
たくさん買ってくれる中国本土に流れてしまったのかも?経済の原理ですね。
はて、いつ届くのか? iPhone SE

_MG_1565th_.jpg
posted by acero at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする